たばこをやめる方法

タバコを止める方法【治療薬チャンピックスの服用で禁煙】

禁煙を目的としたチャンピックス錠は非ニコチン製剤の経口薬です。
ニコチン成分を含まない飲み薬なので体がニコチンを欲する絶対量を減らすことが可能な禁煙アイテムです。
服用後の体内で起こるメカニズムを簡単に言うと喫煙後に脳内でキャッチするニコチンの受容体を先に固めることで吸収率を防ぎます。さらに少量の刺激を放出する働きがあるので喫煙時の充福感を減らすので煙草に求める欲求を下げることもできます。
通信販売では個人の使用目的で購入することが法律で認められていますので安心してお買い求めください。

禁煙治療薬チャンピックス錠

禁煙成功を達成する方法※飲み薬の作用で煙草から離脱する

チャンピックス錠の購入を検討しており「禁煙を成功させたい」と心の中では決心しているけれどうまくいくか分からない・・・と不安に感じている人もいるかもしれません。

 

一回もチャンピックス錠(バレ二クリン剤)を使ったことがない人はどのような感覚になるのかを全く体験していないので知りたい情報があっても当然です。

 

アメリカで製薬会社ファイザーにより近年喫煙防止対策の治療薬として研究開発・販売された禁煙補助剤チャンピックス錠は、日本でもCM宣伝などをきっかけに認知度が高くなりました。

 

ニコチン成分を含まない内服薬なので再び煙草を吸ったりニコチン依存度の問題を減少させ症状を緩和することができる点が過去の禁煙アイテムと大きく異なる特徴を持ちます。

 

はじめの7日間は喫煙と治療薬の服用を併用できる期間で8日目から煙草を断ち切ることが実践で求められます。

 

もし8日目から喫煙をやめることができれば治療薬の働きがしっかり出ている可能性があります。

 

今まで喫煙を何年も続けてきた人にとって一週間で急にタバコを吸うのをやめるのは少し難しいかもしれません。なぜなら身体的な依存度が高い可能性があるからです。

 

厳密には吸ってきた年数より「一日にどれくらいの喫煙量を欲求している状態か」が判断材料になります。

 

タバコを吸いたいというのは心理的な面もありますが身体的なな問題であるニコチン依存症は生理的な欲求なので一日にどれくらいの喫煙量を行ってきたのかが”タバコに対する依存度”として見ることができるのです。

 

もしチャンピックス錠を正しい用量で飲んだとして果たしてどれくらいの人が禁煙成功へつながるのか?と質問があるとしたら・・・

 

その人次第・・・数字に頼らず自分で解決する思考と行動を持つべきである。と私は答えます。

 

人間の行動に100%はありません。チャンピックス錠でニコチン依存度が下がることは医学的にも確かですが目の前にタバコとライターがあり喫煙できる場所と時間が確保されれば吸ってしまう可能性はいつでも起こりうるということです。

 

つまり身体的にタバコの依存度が抜けている状態であるとしてもタバコが目の前にあれば喫煙行為が好きな人は吸う可能性を秘めています。

 

ですので一番始めに大切なのは「タバコを吸わない決心の強さと吸わない理由」を固めるべきと思います。

 

たとえば一度決めたことをすぐに破ってしまうほど意志が弱い人間にはなりたくない・・・とか親が病気になるのを見て健康を損ねると行動範囲も制限される場合があるからタバコをやめると決めた・・・などの理由です。

 

理由や決心は個人の背景や状況から自分で考え出すのが最適と思います。自分なりの理由やプランであるからこそ計画に意義が生まれるのです。

 

禁煙を続けるというのは見方を変えると「現在何日喫煙をストップした日を継続しているか?」ということでもあります。

 

つまり禁煙して今が何日目なのか?という捉え方をすれば禁煙に成功も失敗もありません。禁煙と決めてやめた日からもう一度たばこに手を出した時が禁煙が失敗したというだけです。

 

一度吸ってしまえば禁煙した日はまた振り出しに戻るのです。他の人が見ていても見ていなくても自分に言い訳をしても行動を取ったのは事実です。

 

最後に鍵を握っているのはいつでもあなた自身です。あなたの決断力と行動が最終的に喫煙を断念できるかを確定します。

 

バレ二クリン剤は喫煙をやめることが確定された薬ではなく、禁煙のスタートと途中までの手助けをしてくれる媒介するアイテムです。

 

チャンピックス錠画像